地図にない道を歩く。

素直に生きれない野良猫のお話。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2年後。  

ワンピースみたいな、2年後にまた会おう!みたいなテンションではないです、はい。



2年経ちました。
長かったような、短かったような。

社会的地位は手に入れることができました。
今年中に店長になるし。
お金も食べて遊べて貯金できるくらいある。
何不自由ない、生活送れてる。



求めた世界はこんなにも近くて。
勘違いしてしまう。



本当にこれでいいのか。



正直、こんなに仕事できて周りに気を支えて身を捧げれる奴がいるだろうか。
わたしはそんな奴なのだろうか。



本当はいつも死ねって思ってる。
仕事帰りに事故死しないかなって。
できないし、ならないし。

安定した世界を拒否してる。

それが罪か。



スポンサーサイト

category: たまのこと。

tb: 0   cm: 0

休まる時。  

実家や田舎があるのはとてもいいことなのかもしれない。



けど、実家に帰る度に死にたくなるなら、帰らない方がいいと思ってしまう。

家族とは良好な関係だと思う。
だけど、埋められないものがある。
親友にだってそうだ。
会いたくないと思ってしまう。

時間が早く過ぎればいいと。

リフレッシュ休暇で帰ったはいいけど、次はないな。
本当に遠くへ行きたい。
場所だけでなく、心が。
もっと離れないと、休まらない。



いつまでこんな想いしてんだ。

category: たまのこと。

tb: 0   cm: 0

当人にしか分からない。  

幸せなんてものは、さ。



わたしにとっての幸せは何?

いつも考える。
別に自分が不幸な人間だとは思わない。
寧ろ恵まれた人間だ。

悲しいこと、苦しいこと、逃げたいこと、忘れたいこと、いっぱいある。
いっぱいあるというか、うん。
あの日のこと、本当に忘れたい。

わたしは、命を捨てた。

小さな、まだ生まれてない命。
検査薬で調べて、陽性が出た時、嬉しかった。
元々、自分は結婚して子どもを産んで、幸せな家庭を築いて、一生を過ごすと思ってたから。

でも、それと同時に、凄く不安になった。
だって結婚もしてないのに、デキ婚だなんて…
それでも、夢見た世界。
祝福されると、当然思ってた。

現実は違った。

彼には苦笑いされ、家族には拒否され、挙句彼に下ろせと言われ。
ずっと一緒にいるから、今はまだ早いから、大丈夫、そばにいる。
って、嘘つきね。
下ろして、数日後には別れて。

何してんだろう。

なんで、そんな言葉信じたんだろう。

いや、そうやって理由つけて、あたしは楽になりたかったのかもしれない。



苦しいの、わかってたはずなのに。
もうどうにもならないこと、わかってたはずなのに。



ばかだなあ。
最低だ。

あの時のこと常に考える。
何故、見捨ててしまったのか。
もっと選択肢はあったはずだと。

後悔しても遅いのにね。



そして、また、あたしは幸せになりたいと願ってしまっている。
そんなあたしに反吐がでる。
死ねよ、お前が死ねよ。
返せよ、命を、返せよ。



忘れられるはずがない。



本当に何してんだ。



ごめんなさい。
産んであげれなくて。
ごめんなさい。
ごめんなさい。



ごめんなさい。

category: たまのこと。

tb: 0   cm: 0

雨の日があれば。  

たまです。



今年入って初めてローさんと会いました。
今から行くって言われた瞬間からずっとにやにやしっぱなし。

嫌なことや上手く行かないことがいっぱいあって悩んでたんだけど、悩んでも仕方ないってことに気付いた時に、タイミングよく連絡くれるからほんと素晴らしいよ。

言葉では言わないけど、凄い心配してくれてるんだな、この人。
優しいな。



この先も大切にしていきたい。

category: たまのこと。

tb: 0   cm: 0

運命なんて信じるしかないじゃない。  

たまです。
黒猫が遊びにきています。

楽しいことも切ないことも共に乗り換える二人。
相性ばっちり。

だけど、ローさんとの相性は最悪。



って、言われてもどうにもならないのが、あたしですよね。笑



運命は最悪だとしても、僕にとっての幸せは、ローさんと笑っていられること。

きっと彼があたしを重荷に思っていると思うの。
わかってるけど、あたしからは何も言いたくない。



黒猫の言いたいことはわかる。
彼女の思いもわかる。

だけど、でもね。

それだけじゃどーにもならない気持ちもお互いわかってる。



彼女の幸せを、願ってる。

あたしの幸せを、祈ってる。

そして、

彼の幸せを、大事にしたい。



ローさんが窮屈になるくらいなら、死んでもいいよ。

その代わりの仕事、頑張るから。

貴方だけが全てじゃない。

貴方だけが人生じゃない。

category: たまのこと。

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。